社会人シンガーソングライターが音楽活動をするための9ステップ

3.ゴールまでの勾配をゆるく

あなたは
燃え尽きるほど音楽活動をしたこと
がありますか?

・・・と言うとカッコ良さげですが、
今日したいお話はカッコ良さとは真逆!

 

音楽活動をハードにやりすぎて
しばらく無気力状態になった
僕の体験談です(苦笑)。

 

2016年9月25日 30歳の誕生日に、念願のワンマンライブをしました。
ライブは満員で大変盛り上がり、最高の思い出になりました(^^)

 

しかし、ライブ直後から約半年くらいは、
音楽活動をすることが苦痛になっていました。。

 

ワンマンライブをすることは、1年前から頭の中で、ぼんやり考えてはいました。
本格的に計画し、会場決め、楽曲制作、リハをやり出したのは6カ月前。
ライブ当日までの6か月間、仕事をして、楽曲制作、ボイトレ、リハ、事務作業で、
精神的、身体的にも限界で・・・

 

1回倒れました(^^;)

 

そのオーバーワークのせいで、ライブ直後に「燃え尽き症候群」に
なっていたのかもしれません。

 

その時、
目標の勾配が急すぎた。。」と思いました。

 

1年前から勾配をゆるめに、余裕を持って行動していたら、
約半年間の「燃え尽き症候群」を回避または期間を短くできたかもしれません。

 

この経験によって、得られたこともありますが、
音楽活動の時計が、一定期間止まってしまいました。
最悪、音楽から離れる可能性もあったかもしれません。

 

この経験談から

 

「音楽活動を続けるには、ゴールまでの勾配をゆるくすること」

 

ことが大切であると、お分かり頂けたでしょうか?

 

特に僕のようにダブルワークの場合はなおさらです。
無理せず、あなたのペースで活動していきましょう!

 

ご自身でペース配分の設定が難しいと感じているのであれば、
ペース配分を相談できる人を
探してみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、
僕に相談していただいてもOKです!
この失敗談も踏まえてお答えします。

 

いろいろお力になれると思いますよ。

 

第3のステップのお話は、以上になります。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

是非コメントやシェア等頂けたら嬉しいです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です