使っていないusingディレクティブ削除していますか?

プログラミング言語「C#」でコードの一番上に書くであろうusingディレクティブ。

開発していく作業中に、しっかり削除しているでしょうか?

Visual Studioで開発する現場で、
色んな現場に作業してきましたが、
最終的に使っていないusingが残っている現場が多数でした。
ちなみにこの1年で、それを解決できるVisual Studioの便利な機能を知るまでは、
僕も残してしまってことが多かったです(^^;)

システムを納品後に気が付いて、
別の修正対応をしているときに、削除することも可能ですが、
コードを1文字でも修正することは、デグレーションが発生する可能性が出てくるので、
極力、システム納品前に消しておくべきです!
※デグレーションとは、直したはずのバグが復活していたり、以前は発生していなかったバグがあったり
実装したはずの機能が無くなっている状態のこと

 

そこでVisual Studioの機能で、コード上で「右クリック」⇒「Usingと削除と並び替え」を選択します!

 

 

すると、使用していないusingディレクティブが!!

 

 

スッキリしましたね(^^)

 

開発中は、試行錯誤して、
色々コードを消しては、増やしての繰り返しですが、
できる限り、納品時には綺麗な状態に仕上げると、
現場の評価が高くなると思います!

是非、お試しください(^^)

フリーランスエンジニア歴9年のセールスデザインができるWeb制作者 石井よしまさのメルマガ

常駐型のフリーランスエンジニアとして9年。
9年で関わった現場は13社。
その中で4社から正社員オファーを頂くことができた私が
主にフリーランス初心者向けに、

以下のような内容を配信していきます。

「常駐型のフリーランスで評価される為に大切な5つのマインド」
「9年で13社の案件に関わり、なぜ4社から正社員オファーがあったのか?」
「セールスデザイナーが依頼すべき良いコーダーとは?」..

などについて学べます。

是非、フリーランスとしてやっていきたい!
という方は、ご登録ください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA