社会人シンガーソングライターが音楽活動をするための9ステップ

5.時間の棚卸しで、空き時間を明確にしよう!

あなたは、「いいわけ星人」になっていませんか?


僕は、☆5つクラスの「いいわけ星人」でした。
今は極力、「いいわけ星人」にならないように心がけていますが、
そうなっている時もあるかもしれません(^^;)

今回は、超いいわけがましい発言をしたことに、
後々気が付き、反省した僕の体験談になります。

2013年2月、通っていた音楽の専門学校の授業で、オーディションライブがありました。


ライブが終わり、審査員からの講評で、こんなことを聞かれました。

「練習する時間はないですか?」

この質問に対して、当時の僕は一言返事で
「仕事が忙しくて、練習時間ありません。」と答えていました。
今思えばお恥ずかしい限りです(^^;)

そんな考えだった僕が、2015年7月頃から、音楽家向けの自営業講座に通いだしました。
その講座で、時間資源を棚卸するワークがありました。
ワークの内容は、以下の流れで、自由に使える時間を算出します。

【石井の場合】



1週間の時間総量 = 168時間
睡眠時間 = 6時間 × 7日 = 42時間
生活消費時間 4時間 × 7日 = 28時間

1週間の推奨労働時間 = 10時間(移動時間含む) × 5日 = 50時間

確定総消費時間 = 睡眠時間 + 生活消費時間 + 1週間の推奨労働時間 = 120時間

自由に使える時間 = 1週間の時間総量 – 確定総消費時間 = 48時間

48時間 ÷ 7日 = 平均6.8時間



上記を見ると、定時で仕事を終わる前提であれば
土日を利用して平均1日約6時間以上の練習時間は、確保できることを知りました。

毎日、夜遅くまで仕事をしていたこともあったので、
その時に平均6時間は、難しかったとしても、
しっかり見積もっていれば、工夫次第で1日15分でも
練習時間を確保することができたはずなんです。
単に仕事をいいわけにしている自分に気が付かされました。


このことから

「音楽活動に使える時間資源を棚卸しして、正確な見積もりで計画しよう!」

という気持ちに変わりました。

最近では、月ごとに、上記の計算で空き時間を算出して、
グーグルカレンダーに全ての予定を登録するようにしています。
時間の棚卸しをすることで、色々と気が付くことがありますよ(^^)

時間の棚卸しについて詳しく書いてあるこちらの書籍↓
音楽で一生食っていきたい人のための本
を読んでみてください。


第5のステップのお話は、以上になります。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

是非コメント、シェア等頂けたら嬉しいです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です