【第1部】有能な秘書に助けられる(Clover)

歌いながらプログラミングを無事に終えて、
第1部の最後の曲を演奏しようとした
その時!!
異変が起きた。

 

SPS(Singging Programming Shock)

 

修行中の身なので、
約20%の確率で発生してしまう。
約5分間、身体が思うように動かなく、
声も出なくなってしまう。

 

 

そんな時、秘書の稲垣星良、西尾大二郎(from Clover)が
助けにきてくれた。

 

 

てっきりトークで5分間持たせてくれるのかと思ったら、
急に演奏しだした!

 

っていう茶番をやりました(笑)

 

 

初めは真ん中で最後まで倒れこんでいる予定でしたが、
面白くなったので、メモ帳に心の声を書いてみたり、
手拍子したり、駆け声出してみたり、
色々とやってみました(笑)
今回、隣で二人の演奏聞いていたら、
やっぱり凄かった!!
茶番の子芝居でなく、
リアルに「二人ともすげーなー」っていう
顔していたと思います(^^;)

 

 

第2部でも、まだありますが、
こんな茶番を引き受けてくれた秘書のClover、
ありがとうございました!

 

 

そもそも秘書をつけるいるライブなんで、
なかなかないんじゃないかな?!
続いては第2部(解説後にバンド演奏編)
お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA